レイラ・フェルナンデスはどこのハーフ?国籍や両親の出身地は?

2021年全米テニスオープンで9月4日に世界ランキング3位の大坂なおみ選手を下し、日本中が驚かされましたね。

さらに翌日には、世界ランキング17位のケルバー(ドイツ)選手に勝利して注目を集めているレイラ•フェルナンデス選手。

レイラ•フェルナンデス選手自身の世界ランキングは73位なので、かなり格上の相手への勝利が話題を呼んでいます。

ネット上では、レイラ•フェルナンデス選手が可愛いという声も多く、これからランキングも注目度も上がりそうな選手です。

一体どんな選手なのでしょうか?

プロフィールや写真、家族構成、試合成績をまとめてみました!

【レイラ•フェルナンデス】プロフィール

  • 生年月日 2002年9月6日(19歳)
  • 身長 169㎝
  • 出身地 カナダ モントリオール
  • 利き腕 左利き
  • 賞金 $786,722
  • 世界ランク 73位(2021年8月)
  • 自己最高ランク 66位(2021年6月)
  • 言語 英語、フランス語、スペイン語

まだ19歳の若さで全米テニスオープン準決勝まで進んでいますね。すごいです。

ちなみに、今回対戦した大阪なおみ選手が23歳、ケルバー選手が33歳でした。

世界ランク、自己最高ランク共に見ても73位、66位と決して高い方ではありません。

プロになったのも2019年なので、まさしくテニス界の新星ですね。

これからどんどんランクも賞金も上がっていくのが予想されます。

3カ国語を操るレイラ•フェルナンデス選手は、出身地はカナダですが、現在はアメリカのフロリダに在住しているようです。

【レイラ•フェルナンデス】家族構成と写真

お父さん(Jorgeさん)はエクアドル出身のサッカー選手、お母さんはフィリピン系カナダ人です。

レイラ•フェルナンデス選手は三姉妹の次女で、お姉さん(Jodeciさん)は歯科医、妹さん(Bianca・Jolieさん)さんもまたテニス選手です。

妹さんとは一緒に練習している様子も度々Instagramで見られます。

家族との写真も投稿されていて、仲のいい様子が伺えます。

コートでは真剣な顔が印象的ですが、Instagram見えるプライベートはまだあどけなさが残る可愛らしい19歳ですね。

【レイラ•フェルナンデス】試合成績

2021年の試合結果では、全豪オープンで一回戦、全仏オープンで3回戦、ウィンブルドンで1回戦で敗退しており、全仏オープンの記録がプロとしては最高記録でした。

しかし、レイラ•フェルナンデス選手の名前が一躍有名になった今回の全米オープンで、は格上選手相手に勝ち進み、準決勝進出まで決めています。

レイラ•フェルナンデス選手は、メンタルの強さ、そして一球一球頭を使って打ち返している頭脳派のプレーが評価されています。

全米オープン:3回戦 大坂なおみ戦

今回タイトル防衛を目指し、第3シードだった大阪なおみ選手を5-7、7-6(2)、6-4で破り番狂わせを起こしました。

大坂なおみ選手との試合後のインタビューでも「自分のポジティブさが勝利の要因」と述べていてメンタルの強さが垣間見えます。

今回の試合結果が更なる自信につながったようで本人も満足していました。

逆に、日頃からメンタルの弱さが足かせになっていると報じられていた大坂なおみ選手はなかなか苦戦した様子でした。

全米オープン:4回戦 ケルバー(ドイツ)戦

大坂なおみ戦で自信をつけたレイラ•フェルナンデスは4回戦でも更なる快進撃を見せます。

2016年の覇者であるアンジェリック・ケルバー選手(ドイツ)を4-6 7-6(5) 6-2で逆転勝利。

これでベスト8進出を果たしました。

これもまた彼女の自信に繋がったことは間違いなさそうです。

まとめ

次の準決勝、決勝まで進んだらまた成績は更新していきたいと思います。

19歳のテニス界の若きホープに期待が高まりますね!

引き続き応援していきます!

タイトルとURLをコピーしました